2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2018年2月25日日曜日

第6回関西支部合同全国研修会

昨日、今日と尼崎市で行われました整形外科リハビリテーション学会の関西全国研修会に参加しました。
今回は足関節周囲の機能解剖学的触診と治療をテーマに行われました。
当院からは講師として小野志操先生、永井教生先生、為沢一弘先生、受講生としてスタッフ2名が参加しました。







1日目は触診がメインに行われました。講師の先生方が多く、少人数の受講生に対して1人の講師の先生がついてくださいました。分からないことがあればすぐに先生に聞くことができ、正しく触れているかを確認していただいたり、触る上での工夫を教えていただいたりと非常にに実技の時間が充実したものになりました。最後には林先生のエコーの講義がありました。Liveで描出しながらの講義で今何が描出されていて動かすとどのように変化していくか解説付きで非常に勉強になりました。臨床でも病態把握や適切に治療が行えているかの確認に積極的にエコーを用いていこうと思いました。
2日目は評価・治療についての講義でした。昨日の触診で行った内容がそのまま治療として用いられている部分がいくつもあり、触診の大切さを改めて感じました。
この2日間で学んだことを明日の臨床から早速取り入れていこうと思います。

人気の投稿