2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2015年4月8日水曜日

外傷後の肘関節屈曲拘縮治療における前方関節包切離術とCPMの使用について



Herbert S.et al.:Anterior Capsulotomy and Continuous Passive Motion in the Treatment of Post-Traumatic Flexion Contracture of the Elbow.JBJS vol.74-A,no.8 1992 .1229-1235

本日は、外傷後の肘関節屈曲拘縮治療に対する前方関節包切離術とCPMの使用について述べられた文献を紹介します。 本文献では、肘関節周囲の骨折後に拘縮が生じ、保存療法に抵抗した患者に対して前方関節包切離術が施行され、術後に平均6週間CPMを使用した群と使用しない群とで、それぞれに獲得された可動域について報告されています。CPMの使用に際しては、0°~120°の範囲内で疼痛自制内に実施されたようです。結果、CPMを使用しなかった群と比較してCPMを使用した群においては、自動伸展可動域に有意な改善は得られなかったものの、自動屈曲可動域に有意な改善がみられたことで、肘関節のtotalの可動域は増加したとのことです。
術後、関節の安定性を確認したうえで、疼痛自制内の頻回な運動が、関節可動域の獲得に重要であることを再認識しました。

人気の投稿