2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



2015年4月18日土曜日

整形外科リハビリテーション学会 特別公演

本日は、整形外科リハビリテーション学会の特別公演に参加しました。


内容は、名古屋スポーツクリニックの福吉正樹先生が
「投球障害肩に対する病態解釈とアプローチ~これまでのリサーチ結果を踏まえて~」
をテーマに投球障害における注目すべき点と、ターゲットになる組織についてお話しいただきました。


その後は今回の主題で、船橋整形外科病院の菅谷啓之先生による「肩腱板断裂の診断と治療UPDATE」についてのお話を拝聴しました。



腱板断裂の鏡視下手術の内容と、リバース型人工肩関節置換術(RSA)における特徴や、治療のコンセプト、問題点などをお話しいただき、その後の懇親会でも、治療内容のお話などを聞くことができました。

当院でもRSAの患者様が増えてきているので、また実践していければと思います。


最後に、下鴨メンバーで集合写真も撮っていただきました。


また、月曜日からも頑張っていきましょう!


投稿者:為沢 一弘

人気の投稿