2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



2015年2月25日水曜日

肘関節脱臼骨折について

本日は、肘関節脱臼骨折について述べられた文献を紹介します。


Davit R, et al.:POSTERIOR DISLOCATION of THE ELBOW WITH fractures OF THE RADIAL HEAD AND CORONOID.JBJS vol.84-A no.4 April 2002:547-551

橈骨頭骨折と尺骨鉤状突起骨折に肘関節の後方脱臼を呈するものは、その治療に難渋することから肘関節における"terrible triad"と呼ばれています。
本文献では、terrible triadに至った術後の患者11人の経過を追い、最終評価で得られた結果から、手術において慮されるべきポイントについて述べられています。
一つは骨折した橈骨頭や尺骨鉤状突起の修復、もう一つは損傷した外側側副靭帯の修復が重要で、特に橈骨頭を切除したり、外側側副靭帯の再建を実施しなかった症例では再脱臼などの不安定性を多く認めたと報告しています。

現在、terrible triadを呈した肘関節脱臼骨折症例を担当しています。本文献で紹介された8症例の可動域(7年後ではありますが)を参考に、より良い成績が得られるよう実技も勉強も頑張りたいです。

投稿者:竹下真広


人気の投稿