2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年12月18日日曜日

第113回京都支部定例会

昨日、第113回京都支部定例会が行われました。
今回は京都下鴨病院の中井亮佑先生による「股関節周囲の触診~後面の筋編~」のレクチャーでした。




股関節外旋筋を機能的に分けて起始から停止まで丁寧に触診していきました。
今回のレクチャーの中で個人的にとても興味深かったのは、梨状筋の触診です。
勉強会では梨状筋の上縁、下縁の高さの指標についてのお話があり、そのあとの実技では梨状筋の走行をイメージしやすくなり、とても触りやすかったです。指標についてのお話もおもしろかったですが、その参考文献が形成外科の論文だったことに驚きました。

今回教えていただいた内容はまた朝の触診の時間を利用して復習していきたいと思います。



次回の定例会は1月28日(土)です。
「大腿骨頸部骨折の運動療法」について京都下鴨病院の團野翼先生にレクチャーしていただきます。
ぜひご参加ください。


投稿者:堀内奈緒美

人気の投稿