2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年12月14日月曜日

整形外科リハビリテーション学会シンポジウム


昨日は名古屋で平成27年度整形外科リハビリテーション学会シンポジウムに参加しました。京都下鴨病院からはBasic Symposiastとして一志有香先生が「足関節底屈制限」について、Advance Symposiastとして小野志操先生が「FAI」について発表されました。







午前のBasic Symposiumでは足関節、午後のAdvance Symposiumは股関節をテーマに8名の先生方が解剖・評価・治療を紹介され、その後の総合討論では熱い討論が行われました。

画像所見からどう考えていくか、どういった評価でどのようなことが考えられるかなど、各先生のお話すべてが勉強となりました。
知らないこともたくさん出てきて、多くの刺激を受けた一日となりました。
今以上に向上心を持って、知識・技術の向上を目指したいと思います。

小野先生・一志先生をはじめ発表された先生方、準備を行っていただいたスタッフの方々、本当にお疲れ様でした。

投稿者:吉田雄大

人気の投稿