2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2014年8月31日日曜日

第94回 京滋支部京都会場定例会

本日は、第94回京滋支部京都会場定例会でした。



内容:
#1 「症例検討 肩関節周囲炎により著名な拘縮を呈した症例」竹下真弘先生(京都下鴨病院)
#2 「レクチャー 膝関節の伸展制限を考える」永井教生先生(京都下鴨病院)

参加者数20人と、予想よりは少人数となりましたが、京都会場開始からは徐々に参加者数も増えて来ています!

そんな中、今回も症例検討では盛んなディスカッションを行い、様々な意見がでました。
竹下先生による、「肩関節周囲炎により著名な拘縮を呈した症例」では、
画像所見・臨床症状・理学所見を合わせて評価し、治療ターゲットとなる組織は何なのか。そのターゲットに至るのに必要な評価・所見は何か、ということを考えていきました。


今回の症例は、肩甲上腕関節の拘縮が著明にあり、運動時痛により日常生活にも支障をきたしている症例でした。画像所見からRotator intervalに滑膜増生が確認できていました。このことから、RIにはトラブルが起きていたことが考えられ、その周辺組織にも影響が出ていてもおかしくないことが予測されました。このことから、まずRI部に存在するCHLの評価から行っていき、可動域や詳細な圧痛所見とを統合し解釈していくことで、まずは伸展・内転可動域の改善から治療を実施していくべきではないかという意見にまとまりました。また、職業や日常動作などの評価も実施し、生活指導も必要なのではないかということでした。


#2は、永井先生によるレクチャー「膝関節伸展制限を考える」


膝関節完全伸展するために必要な要素を、解剖の写真やイラストを豊富に含んだスライドで、とても分かりやすく講義して頂きました!!

また、後方の組織で伸展制限になりうる半膜様筋の触診と伸張方法の実技レクチャーもあり、盛りだくさんの講義でした☆


正確な評価と、確かな触診技術が大切だということ。
治療していく中で、変化がない場合や停滞する時期は、どの先生も御経験があると思います。そんな時は、評価が間違っていないのか、他に方法はないのか、回数は足りているのか・・・などなど、考えていくことが大切であると今回の勉強会を通して更に感じました。


また、一志による「大腿四頭筋の触診」は時間の都合により次回になりました。
次回の
京滋支部京都会場は10月25日土曜日18:30〜 
です!!
内容:
#1  症例検討 「募集中!」
#2 「レクチャー FAIに対する運動療法の考え方」小野志操先生(京都下鴨病院)
#3 「レクチャー 大腿直筋の触診」一志有香(京都下鴨病院)

ぜひぜひ、ご参加下さい(^^)

投稿者:一志有香

人気の投稿