2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2018年1月15日月曜日

【文献紹介】腱板断裂における肩甲骨・肩甲上腕関節の動態解析

本日紹介させていただく文献はMRIを用いて肩関節の動態について検討された文献です。


建道寿教他:腱板断裂おける肩甲骨・肩甲上腕関節の動態解析−Open MRIを用いた検討−.肩関節27(3):425−429,2003

目的は腱板断裂における肩甲骨の傾き・動態について3次元的に検索し、第2肩関節での腱板の通過状態を調べることです。
対象は腱板断裂症例(腱板断裂群)15例、健常者(健常群)15例です。腱板断裂群は全例120°以上挙上可能で、術後症例です。
測定はOpen MRIを用いて行われています。
測定項目は上方回旋角、内方傾斜角、前後傾斜角、3D AHIです。
結果は以下の通りです。
上方回旋角:腱板断裂群では肩甲骨の上方回旋が挙上早期に増加する傾向がみられました
内方傾斜角:健常者と腱板断裂症例に置いて統計学的有意差は認めませんでした
前後傾斜角:腱板断裂症例において後傾への変化が少なかった
3D AHI:腱板断裂症例は健常者と比較して小さくなっていました(最小値を示したのは90°挙上位)
本研究の腱板断裂群は拘縮の強くない症例を選択し、下垂位にての状態も正常群と比較し有意差がないものと考えたと述べています。
断裂群において肩甲骨の後傾不良という結果が得られたが、これは拘縮や内圧により影響されるものではなく、腱板断裂という肩甲骨の上腕骨を連結させる筋腱の機能不全やimbalanceにより引き起こされる現象の一つであると考えられたと述べています。



今回紹介させていただいた文献の対象は拘縮が強くない症例でした。それでも肩甲骨の動態は肩甲骨の後傾は健常者と比較して小さい値を示し、有意差を認めていました。
健常者では挙上に伴い、後傾方向への運動が円滑に行われ、肩峰下腔に余裕があるが、腱板断裂症例においては後傾方向への変化量が少なく、肩峰下腔の狭小化が認められたと過去に報告されています。これらの報告からも肩甲骨の後傾可動域の獲得重要であることが分かりました。



人気の投稿