2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年1月28日木曜日

【論文紹介】前十字靭帯の力学的特性評価について

本日は前十字靭帯の力学的評価を加える負荷の種類を変えて行った研究論文を紹介します。


高柳津富ら:引張りおよび引張りねじり試験によるブタ前十字靭帯の力学的特性評価.日本臨床バイオメカニクス学会誌.Vol25167−1712004

 靭帯損傷は過度な外力負荷が加わることによって起こるとされています。本論文によって取り上げられている前十字靭帯損傷は若年層に多く、運動時に接触・非接触ともに損傷の原因となります。中でも非接触損傷は特異的な動作によって損傷され、その動作による外力はねじり負荷を伴っていることが多いです。
 そこで、本論文は引張りのみで負荷を与えた時と引張りにねじりを加え負荷を与えた時の最大負荷、剛性、変位の変化について比較し研究されています。
 結果は、ねじり加わることで前十字靭帯の耐久負荷量が有意に低下しました。この結果を、筆者らはねじり負荷を与えることによる剪断力の増加や反復負荷によるマイクロダメージの影響と考察しています。
 このことから、靭帯は剪断力が加わることによって損傷しやすくなり、その負荷が反復されることで靭帯は脆弱化することが考えられました。靭帯損傷や靭帯再建を行った症例に対し、剪断力が生じにくい身体バランスを整えることの重要性を考える論文でした。

投稿者:中井亮佑

 

人気の投稿